ともに働く仲間を募集しています。

 

 

来期に向けて同志を募集しています。

 

 

枠は社員・パート・アルバイトを含めて、

3名~4名程度になる予定です。

(バイトからの社員登用もあります)

勤務形態や時間等の詳細は、

ご応募いただいた方の意向をお伺いしたうえで、

面接等の審査後に採用を決めることになります。

 

現在、求人媒体はバイトルを使ってますが、

来週からバイトルネクスト(正社員版)も並行して

掲載していく予定になっています。

 

www.baitoru.com

 

 

来期、2020年度は、

弊社(ちくしの進学教室)にとって、

「創業20年」の節目にあたりますが、

さらなる進化を目指し、

古き良き塾らしさを守りながら、

新しいチャレンジを推し進めてまいります。

 

ご連絡お待ちしております。

 

 

 

f:id:ch-imai:20191024162915j:plain


 

 

(一言ご挨拶させていただきます)

 

塾の仕事は勉強を教えることだと思ってませんか?

教務面だけでなく、他にもいろいろあるんです。

 

塾も理念やスタイルが様々なので

一概には言えませんが、

少なくとも、ちくしんでは開塾当初から、

教科指導と同じぐらい大切にしてきたことがあります。

 

 

それは、塾生を笑顔で出迎え、お喋りすることであったり、

それは、塾生保護者の身近な教育相談係であったり、

それは、塾生に頑張ってもらい、楽しんでもらうための準備だったり、

それは、塾生にも保護者にも確かな情報を伝えることだったり、

それは、塾生全員に喜んで卒塾してもらうことだったり、

 

‥とまぁ、

全ての仕事が「塾生ファースト」です。

 

塾現場は、中の人、個々の働きぶりや能力が、

塾生(顧客・エンドユーザー)の満足度に直結します。

 

達成感も責任も直に感じられるのが

この仕事のやりがいということになるでしょうか。

私もこの業界に足を踏み入れたとき、

そんな気持ちでしたから。

 

chikushin-imai.hatenablog.jp

 

 

付け加えておきますと、

ちくしんは大手のように教場と運営本部がセパレートではなく、

特に本校(朝倉街道)に全機能を集中させています。

 

臨機応変に対処できる機動力が持ち味!

なのですが、逆にいえば、

塾生が増えるほど仕事量は増える!(=大変になる!)

それは確かにそのとおりです。

 

 

だから、という訳でもありませんが、

先にお断りしておきますけれど、

「楽に働ける場所ないかな‥」

という理由で応募するのはやめてください。

 

結構、大変なので。笑 

 

 

私自身、楽だと思ったことは一度もありません。

 

苦しくて辛いことはあります。

逃げ出してしまいたいときもあります。

情けなくて眠れない夜もあります。

 

 

でも、その先に、

とんでもなく「美しい世界」が待ってます!

 

 

それを一緒に見つけたい!

働きながら成長していきたい!

 

そんな方とのご縁があればいいな。

 

 

それでは。